HOME > 代表紹介・インタビュー

代表紹介・インタビュー

一社一社に合わせたEnglish Solutionsを

一口に「ビジネス英会話」と言っても、利用するシチュエーションや、取り扱う商品・サービス、エンドユーザーの特徴などによって、必要とされるスキルは大きく異なります。また、企業によってレッスンにかけられる予算・時間・人員も様々。決まりきったテキスト・座学などのマニュアル通りのやり方では「本当に効果を出す」ことは難しいでしょう。

Cubes business style では、何よりも「クライアント様のニーズに合わせた、オーダーメイドのレッスン」を大切にしています。例えば、店舗での販売スキルを高めたいというご要望には、まず現状どのように接客されているかを実際に弊社のレッスンプロデューサーが拝見いたします。その上でロールプレイフローを作成し、実戦に近い接客英語を体感しながら学びます。

クライアント様の業態はもちろん、予算・時間・人員などのリソース、更に企業の特徴に合わせたオンリーワンSolutionの提案に取り組んでいます。目指しているのは、企業の成長をサポートするパートナーとなること。「活きた英語を・自分に合ったやり方で・楽しく学ぶ」ためのお手伝いをしていきます。

一社一社に合わせたEnglish Solutions

代表 Ken Collins INTERVIEW

「日本の良さ」を海外に伝えるお手伝いを

英会話スクール CUBES(キューブス)代表 ケン・コリンズ

初めまして。cubesの代表を務めるケン・コリンズです。以前は、大手英会話スクールの講師を務めていました。マニュアル通りのレッスンに満足できず、「もっと一人一人に合ったやり方があるのではないか」という思いから独立して「cubes」というカフェ形式の英会話スクールを開設したのは2006年のことです。「ビジネス英会話を身に付けるため」「海外旅行を楽しむため」「海外の音楽を味わいたい」「資格取得をしたい」など、生徒一人ひとりの様々な目的・用途に合わせたオーダーメイドレッスンに、取り組んできました。

近年、グローバル化や訪日観光客の増加に伴い、日常レベルで英語を利用する機会が多くなってきております。海外からのお客様は企業にとって大きなビジネスチャンスです。 しかしながら、現場レベルで見ると英語ができず苦手意識から、海外のお客様への接客を躊躇されている販売員の方も多く見られます。これでは、日本が世界に誇る「おもてなし」の精神を発揮することもままなりません。本当にもったいないことだと思います。

私は生まれも育ちも英国ですが、母が日本人ということもあり、幼い頃から日本語に親しんできました。縁あって、日本に興味を持ち、定住したのは20代の頃。そんな私にとって、日本は第二の故郷です。海外の方に「もっと日本を好きになってほしい」「もっと日本の良さを知ってもらいたい」と強く願っております。

今後、その裾野を広げていくためにも、企業様のビジネス向け英会話レッスンの必要性を感じ、この "Cubes BtoB business plan" プランを開設いたしました。 取り組みたいのは、これまでのスクール講師のノウハウを活かした、「各々の企業に合わせた英会話レッスン」です。業態・規模などは問いません。目的・用途に応じた確実に効果の出るプランを、一緒に作り上げていきます。少しでも興味を持たれた企業様は、ぜひご相談ください。


このページのトップへ